このサイトではフラットな側面に窪みが特徴的なディンプルキーについて様々な情報を掲載しています。
一般的なタイプと比べて複製を作るのにどのような違いが生じるのか、また交換する場合には何をすれば良いのか、交換するとしたらどれぐらいの費用がかかり、頼むとしたらどのような業者が合っているのかというポイントも載せています。
自身がお持ちの鍵のセキュリティ面に不安があり、交換を考えている人は是非参考にしてみてください。

通常の鍵とディンプルキーの複製では何が違う?

通常の鍵とディンプルキーの複製では何が違う? 通常の鍵を複製する場合は、専用の機械を使用しますが、その仕組みは割とシンプルなものです。
ベースとなる型と新しい素材をそれぞれ対象にセットし、元の形をなぞっていくと素材側に着いた掘削機がそれを倣いながら複製が仕上がるという流れです。
ハンドル操作さえしっかりしていると難しい事ではないため、ホームセンターなど専門の鍵屋さんでなくても作ることが可能です。
しかしディンプルキーはそれとは違い、複製を作る事は少し困難です。
それがディンプルキーの強みのひとつでもあるのですが、専用の機械を使用しても一度で完全に模倣することは不可能に近く、何度も作り直しながら試行錯誤が強いられる場合があります。
合い鍵を作るよりもシリンダーごと新しく交換した方が簡単かもしれない特徴がディンプルキーにはあります。

ディンプルキーはなぜ複製に時間がかかるのか

ディンプルキーはなぜ複製に時間がかかるのか 安全性が極めて高いとされるディンプルキーは、複製にも多くの時間を要するとされています。
それは従来の製品とは一線を画す独特の構造に秘訣があります。
そもそもディンプルキーとは窪みのある鍵という意味です。
これまでのように突起物で解錠するものではなく、比較的複雑な構造となっています。
少なくとも単なる削りだしで正確な複製を実現することは不可能です。
より繊細なものであれば専用の機械が必要となるため、合鍵専門店によっては断られることさえあります。
たとえ設備が充実していても時間は従来品の3倍近くかかることもしばしばです。
メーカーに送ることが必要な場合さえあり、時には一週間以上かかることも考えられます。
これではディンプルキーを不正に手に入れられたとしても、発覚の可能性は非常に大きくなることでしょう。
また複製は時間もかかりますが費用もかなり高額です。
大抵は5000円以上請求されるため、割に合わないと考える人間も少なくありません。
不正利用に対するコストが極めて高くなってしまうことが、ディンプルキーにおける信頼性の裏付けです。
もちろんユーザーにとっても紛失時の手間は大きくなりますから徹底した管理が求められます。

鍵の交換に関する情報リンク

ディンプルキー